全く印象を与えないメールの内容も問題です。

サイトで気になる女性がいたら「ファーストメール」で最初のアタックをします。
ファースメールで相手に好印象を与えることができれば、その後の二人の展開は明るいものになるでしょう。
ですから、とても重要なファーストメールなのです。
ファーストメールは、悪い印象を与えるのはもってのほかですが、全く印象を与えないメールの内容も問題です。
相手に「この人気になるな」と思ってもらえるような内容が大切なのです。
特に10代の女性はライバルがとても多いのでかなりのテクニックが必要です。
まずは、10代の女性の特徴として流行に敏感ということがあります。
ですから、人気のアーティストや話題のお店や映画などどんなジャンルでも話を合わせることができるようにしておきましょう。
また、10代の女性は「暇ですぅ」といった軽いノリでサイトを利用しています。
メッセージをみてもあまり、個人的な情報がつかめないときは、プロフィールをみましょう。
自分の趣味などと比較しながら相手との共通点をみつけて、それについてメールをしてみてください。
「ノリ」が大切な世代でもあるので、メールのやり取りは楽しく、短めにするようにしましょうね。
また、絵文字や顔文字などはあまり無理をしないほうがいいかもしれません。
相手に合わせすぎてしまうと、相手も「若作りしている」と引いてしまいます。
サイトを利用している10代は、大人になりたいと思っている傾向もあるので紳士的な対応をすることも大切ですね。